I am matsushima naoko日記

松島直子のイラスト日記
<< 道を歩けば | main | 夏の思い出 >>
森田真生さん『数学ブックトーク in東京 2019 芒種』@青山ブックセンター本店

(似てなくてごめんなさい)

先日独立研究者、森田真生さんの数学ブックトークを聴きに行きました。

この春に読んだ『数学の贈り物』(森田真生・著/ミシマ社)という本で
初めて森田さんのことを知ったのですが、
この本が素晴らしくて、生の森田さんのお話を聴きたいと思ったのです。

森田さんの言葉はローラーのついたハンコみたい。
コロコロコロコロ・・・わたしの心の上にピタッと隙間なく文字をプリントしていくように
文章やお話に集中させてくれます。

途中休憩を挟みながら約4時間のブックトーク。
すごく面白かった。
すごい人に出会ってしまった・・・!笑
こんなに人の心を豊かに、
朗らかにすることができるなんて
なんて楽しい人なんだろう・・・

マイケルジャクソンの「Jam」、
「We are the world」の歌詞にまつわるエピソードから、
「自分自身を救うことが、世界を救うことにつながる」
というマイケルの思想を垣間見ることができてとても嬉しかったです。

私もJamできるはずだよ。

いつもどうやってこの仕事を、この時間を、この気持ちを・・・
やり過ごすことができたんだろうか?
と、やり方を忘れてしまって毎日手探り、
毎日知らない森を歩いている感じでちょっと大変だけど
頑張ろう。

そんな風に自分を励ます力をくれた素敵な時間でした。

素敵なイベントをありがとうございました。
いつかまた行こう。
| メモ | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.matsushimanaoko.com/trackback/1613931
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE